図書館と体操

図書館総合展で披露されて話題の図書館体操。 この体操は、みちのく図書館員連合(略称:MULU:ムル)の庄子さんという方が考案された、 図書館員のための体操、だそうです。 あいにく私は現場に遭遇できなかったのですが、とても楽しそう。 たぶん近いうちに WEBで動画等が見られるようになるんじゃないかなーって 楽しみにしています。…
コメント:0

続きを読むread more

「故郷」ブックトーク用に作ったライブラリー・ナビ

先日、中3国語の授業でのブックトークで 生徒に配布したものです。 中を開くとこんな感じ…。 そのとき作ったPPTをここに張り付けようと思ったのですが 方法が分からないので保留。 後で別の方法で試してみます。 (で、別の方法にしました。下記PDFで。) http://www2u.b…
コメント:0

続きを読むread more

Can There Bee Art? 芸術は可能か? うん、そうだといいね。

森美術館 六本木クロッシング2010展:芸術は可能か? クロークで荷物を預ける時に 「展示室内は一部を除いてほぼ撮影できますよ。 カメラをお持ちでしたら預けずにそのままどうぞ。」 と言われ、驚くやら、うれしいやら。 (後で知ったことですが、 森美術館が会場内を撮影可、としたのは アイ・ウェイウェイ展に続き2回目の試み…
コメント:0

続きを読むread more

ブルーもいいけど、ルーシー・リーはピンクだわ。

以前の21_21での展覧会を見逃し、以来ずっと見たいと思っていたルーシー・リー。 やっと念願がかないました。 上の写真は、国立新美術館「ルーシー・リー展 」スペシャルドリンク「アルビオン・ブルー」 下の写真は、ルーシー・リーの代表作「青釉鉢」 その青釉鉢をイメージし、 自宅兼工房のあったロンドンのアルビオン…
コメント:0

続きを読むread more

彼はなにもの? 

えーと、いつ行ったんだっけ? たしか2週間前のはず。 いずれもすでに会期終了したり、しそうだったり、ですが。 5月1日 東京都写真美術館 森村泰昌展 原美術館 ヤン フードン展 ワタリウム美術館 ジョン・ルーリー展 に行ってきました。 森村泰昌展・なにものかへのレクイエム −戦場の頂上の芸術&#…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県子どもの読書活動推進計画

2010.5.15 今日もいいお天気。 なのに4~5月にかけて行う3校ぶんのオリエンテーションでちょっとばて気味。 まずいことに声が出なくなってきました。 来週どうなるかなあ…。 写真のケーキの話はまたあとでかくことにして… タイトルの件。 今年2月~3月にかけて、パブリックコメントを募集していた 「…
コメント:0

続きを読むread more

サイエンスカフェ「ほんでさい」で、カソウケン湯本博文所長のお話。

2010.4.10 第3回サイエンスカフェ「ほんでさい」で、カソウケン湯本博文所長のお話を聞いた。 ↑このかわいいサイは、「本でサイエンス・カフェしよう ほんでさい hon de sci) のキャラクター・ホンデサイ(学名:GREATRHINOOEROS) カソウケンは、科捜研じゃなくて科創研。 正しくは学研科学創造…
コメント:0

続きを読むread more

日本発☆子どもの本、海を渡る

もう1週間も経ってしまいましたが… 2010.3.28 国際子ども図書館「日本発☆子どもの本、海を渡る」に行ってきました。 国際子ども図書館といえば、 4月1日からメールマガジンの配信がはじまりました。 希望者多数で、すでに申込が閉め切られていた 上橋菜穂子講演会の追加募集のお知らせを いち早くゲットできてちょっと…
コメント:0

続きを読むread more

上野でりぶりぶら。

2010.3.28 上野の桜は二分から五分咲き、といったところですが 今日は気温がとても低いので お花見のほうは、いまひとつ盛り上がっていない感じ。 ピークは来週あたりになりそうですね。 写真は、東博の黒門 本日のお目当ては国立西洋美術館、フランク・ブラングィン展。 ブラングィンのスケッチをもとに 結局実…
コメント:0

続きを読むread more

いとうひろしさんの講演を聞く

2010.3.28 特定非営利活動法人日本アニマシオン協会主催 第4回アニマシオン読書教育セミナーで いとうひろしさんの講演を聞いた。 『ルラルさんのにわ』(絵本にっぽん大賞)や 『だいじょうぶだいじょうぶ』(講談社文化出版賞絵本賞)など 多数の受賞作がある、いとうひろしさん、 作風そのままの、独特のユーモアにあふれた…
コメント:0

続きを読むread more

短い春休みだけど展覧会に行かなきゃ。

とりあえず、3月これまでに見た展覧会のこと。        没後400年 特別展「長谷川等伯」(国立東京博物館) 久々に松林図屏風を見た。 東博の国宝の部屋で見た時に比べると明るい印象。(あの部屋が暗すぎるのか?) 音声ガイド、NHK「その時歴史は動いた」の松平さんのお声…
コメント:0

続きを読むread more

科学読み物シンポジウム ~理科読をはじめよう~ に行ってきました。

もう2日たってしまいましたが 3月20日東京大学教養学部で行われた 科学読み物シンポジウム ~理科読をはじめよう~ に行ってきましたので その話を。 第4回目になるという科学読み物シンポジウム。 今回のキーワードは、「朝読(あさどく)」ならぬ「理科読(りかどく)」。 日本中の学校で浸透率の高まった「朝読」に倣い、 科学…
コメント:2

続きを読むread more